遺品整理やゴミ屋敷片付けにおけるワイツーホームの強みバナーその1徹底したリュースとリサイクルによる安心料金

その他 ゴミ屋敷片付け 遺品整理

徹底したリユースとリサイクルによる安心料金

3R(スリーアール)に積極的に取り組んでます。

3r画像

Reduce(リデュース)
製品をつくる時に使う資源の量を少なくすることや廃棄物の発生を少なくすること。
耐久性の高い製品の提供や製品寿命延長のためのメンテナンス体制の工夫なども取組のひとつです。

+ リデュースの具体例

(消費者の視点)

消費者の視点

  • マイバックを持って無駄な包装は断る。
  • 詰め替え容器に入った製品や簡易包装の製品を選ぶ。
  • 耐久消費材は手入れや修理をしながら長く大切に使う。
  • 利用頻度の少ないものは、レンタルやシェアリングシステムを利用する。
  • 耐久性の高い製品や省資源化設計の製品を選ぶ。
  • 使用頻度の少ないものをシェアする。

事業者の視点

  • 製品を設計する時に、製品ができるだけ長く使えるように工夫をする(耐久性、修理性等)。
  • 製品を設計する時に、製品ができるだけ少ない材料、部品等で構成されるように工夫する(省資源化)。
  • 製品をつくる時に、原材料を無駄なく効率的に使うように工夫する。
  • 修理や点検等のアフターサービスを充実することにより、製品の長期使用促進に努める。
  • 簡易梱包、簡易包装、詰め替え容器、通い箱等の利用、普及に努める。
  • 機械器具等の手入れ方法や修理方法を工夫して長期使用に努める。
  • 利用頻度の少ないものをシェアする仕組み、不用品を有効に活用する仕組みをつくる。
  • 耐久性の高い製品や省資源化設計の製品を選ぶ。
  • 食品ロスを削減する仕組みを作る。

Reuse(リユース)
使用済製品やその部品等を繰り返し使用すること。
その実現を可能とする製品の提供、修理・診断技術の開発、リマニュファクチャリングなども取組のひとつです。

+ リユースの具体例

消費者の視点

  • リターナブル容器に入った製品を選び、使い終わった時にはリユース回収に出す。
  • フリーマーケットやガレージセール等を開催し、不用品の再使用に努める。

事業者の視点

  • 製品を設計する時に、本体や部品のリユースがしやすいように工夫をする。
  • 使用済製品を回収して本体や部品を再生し、再び新品同様の製品を作り出す。
  • 使用済製品、部品、容器を回収し、再使用する。

Recycle(リサイクル)
廃棄物等を原材料やエネルギー源として有効利用すること。
その実現を可能とする製品設計、使用済製品の回収、リサイクル技術・装置の開発なども取組のひとつです。

+ リサイクルの具体例

消費者の視点

  • 資源ごみの分別回収に協力する。
  • 資源ごみの効率的な分別回収を広める。
  • リサイクル製品を積極的に利用する。

事業者の視点

  • 製品を設計する時に、使用後のリサイクルがしやすいように工夫をする。
  • 製品をつくる時に、できるだけリサイクル原材料を使う。
  • 使用済みとなった自社製品の回収・リサイクルに努める。
  • 発生した副産物・使用済製品を効率的にリサイクルする(仕組みづくりを含む)。

 

お引き取りした物は倉庫で管理し徹底した分別で再資源化

倉庫イラスト

ワイツーホームでは遺品整理理やゴミ屋敷片付けの際にお引き取りしたお物は粗末には扱いません。

倉庫でメンテナンスをして再使用可能な状態にする

倉庫画像

買取り、お引き取りしたものは倉庫でメンテナンスします。

古物市場で販売

古物市場画像

メンテナンスの完了したものは古物市場で販売致します。

リユース・リサイクルの出来ない物は

一般廃棄物業者と中間処理場、最終処分場イラスト

弊社が提携や契約をしている業者によって適正処理いたします。

ワイツーホーム横浜リサイクルの安心

遺品整理やゴミ屋敷片付けにおけるワイツーホーム遺品整理の安心バナー

費用を抑える3つのポイント

費用を抑えるポイントその❶

行政機関に頼む

遺品整理の費用を抑えるその1行政機関に頼む市役所画像

+ 詳しくはクリック

壊れてる物や使えなくなった物は市役所の粗大ごみとして処理をする。
一番長い辺が金属製品で30cm以上、プラスチック、木製品などは50cm以上の物が対象となります。

手間はかかりますが、その分安く処理することができます。

市では回収出来ない物

・リサイクル家電

エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、乾燥機、パソコン

 

・処理が困難な物
バッテリー、ガスボンベ、灯油、ガソリン、塗料、薬品、農薬、タイヤ、耐火金庫、ピアノ等の重量物、消火器、バイク

・引っ越しなどで生じる一時多量ごみ
・事業活動に伴って排出される物
・請負工事などで出るゴミ

行政で処分出来ない物・重くて運び出しが出来ない、・まだまだ使えるリユース可能な物はワイツーホームにご相談下さい。

費用を抑えるポイントその❷

期限にゆとりを持つ

遺品整理の費用を抑えるその2期限にゆとりを持つ画像

+ 詳しくはクリック

今月末までには」「今週中には」「今日中には」等の差し迫った依頼をよくお受けすることが有ります。

だからこその出番だったりします。

ですが・・・
やはり時間があった方が色々と出来ることの選択肢が増えます。

期限にゆとりがあれば

  • 普通ゴミや粗大ゴミをご利用頂いて、その中で残った物を回収。
  • ワイツーホームで買い取れる物だけをお願いして、残った物を自分で片づける。
  • とにかく可能な限り自分で出来る事はやって、出来なかった事をお願いする。

なども時間が無いと選択肢に入れられません。

片付ける量が大量の場合など1日で全部仕上げるより、数日に分けて頂いた方が安くなる事が多いです。
一日で仕上げなければいけない場合、どうしても人件費が余分に必要になるのと、数日に分けた方が仕分けがより細かく出来るので捨てる物も減ります。

遠方にお住いの方からの遺品整理や、今は住んでない空き家の整理など、鍵をお預かりして、期日までに仕上げるような段取りを組めたりすると効率は上がり必然と安く出来ます。

理屈は分かっても・・・「期日にゆとりがない!」

そんな時は地域密着のスピード対応が売りのワイツーホームにご相談下さい。
お力になれるはずです。

費用を抑えるポイントその❸

各種割引をご利用いただく

遺品整理の費用を抑えるその3各種割引を利用する画像

+ 詳しくはクリック

パンフレット、チラシ、新聞の記事など様々な宣伝の中で割引をお出ししております。
その他にもクーポンやご紹介割引、買取査定アップ。

 

季節ごとや期限の付いたもの有ります。

気兼ねなくお声がけ下さい。

割引をご存じでない方もご安心下さい。

お問い合わせやお見積り時に「ホームページ見ました」と言って頂ければ
総額から10%offさせて頂きます。

ご依頼の流れ

step
1
まずはお問合せ下さい。

遺品整理の流れステップ1お問い合わせ画像

  • お問い合わせ方法は、お電話またはメールかLINEとなります。
  • お電話だけでもお見積りが可能な場合も有ります。
  • お見積りなどのご希望の日時を調整させていただきます。

step
2
お見積り

遺品整理の流れステップ2見積り画像

  • お客様それぞれに合った、最適なプランと料金をご提示させて頂きます。
  • 買取品の査定、リサイクル家電や処分する物、作業費の合算でお見積り致します。
  • お見積りにご納得頂けましたら、ご希望の日時をご指定下さい。

step
3
作業当日

遺品整理の流れステップ03作業当日画像

  • お見積り時に決めた内容で作業致します。
  • 作業内容が変わらない限り追加料金はございません。
  • 作業完了後に、ご確認いただきご精算となります。

お問い合わせはこちらから

-その他, ゴミ屋敷片付け, 遺品整理

© 2011~2021 y2home