遺品整理やゴミ屋敷片付けにおけるワイツーホームの強みバナーその3遺品整理士認定協会より優良事業所として認定

その他 ゴミ屋敷片付け 遺品整理

遺品整理士認定協会より優良事業所として認定

遺品整理士認定協会より優良事業所として認定画像

遺品整理士とは

遺品整理士画像

遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会が発行している資格になります。資格を取得するためには2ヶ月間の講座を受講し、資格試験に合格しなければなりません。講座内容は廃棄物処理の知識や、ご依頼者様への接客マナー、遺品の丁寧な取り扱いなど多岐にわたります。

遺品整理士認定協会とはどんな団体?

遺品整理業界の健全化を目的として2011年に設立され、現在では30,000人を超える会員と1000社を超える法人会員を擁する民間団体です。優れた遺品整理士の養成を行うことを第一の事業目的とし、毎年3,000人弱の遺品整理士を世に送り出しています。

遺品整理士認定協会が立ち上がった背景

高齢化が進む現在、孤独死や老老介護などが急速に増えています。そのため故人の家族や親族が遺品整理を行えない状況が生まれつつあるのです。その結果、業者に遺品整理を依頼するケースが多くなっています。

しかし業者の中には、遺品を不法投棄する、法外な処分費用を請求する、などの悪質な業者も増え、正しい知識と本来の遺品整理のあり方を理解した遺品整理士を養成する必要性が生じてきました。このような背景から遺品整理士認定協会が生まれたのです。

遺品整理士認定協会の活動

遺品整理業の社会的役割と事業者数の増大に伴うモラルの低下を是正することを理念とし、業界の健全育成をはかるため、遺品整理士養成講座を運営するとともに、認定試験を実施しています。(遺品整理士認定協会HPより要旨抜粋)

具体的には遺品整理士の通信講座の運営、全国での遺品整理業者向けの開業セミナーなどを運営しています。経験豊富な遺品整理業者を講師に招いたり、現場体験セミナーを実施したり、サービスとしての遺品整理の質を高めるのサポートを行っています。

また大学教授や環境省などと連携し、悪徳業者についての実態調査や研究協力もおこなっているようです。

遺品整理士が注目される背景

以前は遺族の方々が行うことが多かった遺品整理。しかし、高齢化や核家族化を背景に、体力的、時間的な問題から遺族だけで片付けられないケースが増えてきています。

実家が遠方にあって遺品整理をしたくてもできない、捨てるものと取っておくものの判断に時間がかかってしまう、故人を思うと辛くなってしまい手がつけられない…など遺族を取り巻く状況は様々です。

また遺品整理では遺言書の捜索や、思い出の品の供養、デジタル遺品の扱いも重要な項目となってくるため、時間を要する作業となります。

このような背景から遺品整理を代行する遺品整理士という職業が近年注目されているのです。

遺品整理業界の現状

遺族の方の心に寄り添って大切な遺品を整理するためには、それにふさわしい心持ちで作業をすることが重要です。また、誠実かつ法令を順守した作業をしていくうえで、正しい知識や作業ノウハウを持つことも不可欠です。遺品整理を行う業者は、様々な知識やスキルを持ち、心配りができる必要があります。

しかし悲しいことに、国民生活センターへの遺品整理関連の苦情は、後を絶ちません。高額な請求・遺品の盗難・不当な買取査定・遺品への粗雑な扱い・不法投棄などを行い、依頼者に対して不安や悲しみを助長する業者が増えてきているのも事実です。

遺品整理士の資格

現状を改善していくために、亡くなった方や遺族の心に配慮しつつ、サービスの質の向上を目指す遺品整理士の資格ができました。資格を取得するためには講座を受講し、資格試験に合格しなければなりません。講座内容は廃棄物処理の知識や、ご依頼者様への接客マナー、遺品の丁寧な取り扱いなど多岐にわたります。

この資格を持った遺品整理士は不用品の回収や処理とは異なり、生前に故人が使用した想いのこもった品々を大切に扱うスキルや心構えを学んでいます。仕分けの際にも残すものと処分するものを遺族と相談しながら丁寧に仕分けてくれるのです。

また不用品についても正しく分別・処分し、リサイクル社会に貢献する側面も持っています。日本では処分されてしまうような家具家電も海外リユースという形で循環させる業者も増えてきています。

事件現場特殊清掃士

事件現場特殊清掃士画像

ワイツーホーム横浜リサイクルの安心

遺品整理やゴミ屋敷片付けにおけるワイツーホーム遺品整理の安心バナー

費用を抑える3つのポイント

費用を抑えるポイントその❶

行政機関に頼む

遺品整理の費用を抑えるその1行政機関に頼む市役所画像

+ 詳しくはクリック

壊れてる物や使えなくなった物は市役所の粗大ごみとして処理をする。
一番長い辺が金属製品で30cm以上、プラスチック、木製品などは50cm以上の物が対象となります。

手間はかかりますが、その分安く処理することができます。

市では回収出来ない物

・リサイクル家電

エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、乾燥機、パソコン

 

・処理が困難な物
バッテリー、ガスボンベ、灯油、ガソリン、塗料、薬品、農薬、タイヤ、耐火金庫、ピアノ等の重量物、消火器、バイク

・引っ越しなどで生じる一時多量ごみ
・事業活動に伴って排出される物
・請負工事などで出るゴミ

行政で処分出来ない物・重くて運び出しが出来ない、・まだまだ使えるリユース可能な物はワイツーホームにご相談下さい。

費用を抑えるポイントその❷

期限にゆとりを持つ

遺品整理の費用を抑えるその2期限にゆとりを持つ画像

+ 詳しくはクリック

今月末までには」「今週中には」「今日中には」等の差し迫った依頼をよくお受けすることが有ります。

だからこその出番だったりします。

ですが・・・
やはり時間があった方が色々と出来ることの選択肢が増えます。

期限にゆとりがあれば

  • 普通ゴミや粗大ゴミをご利用頂いて、その中で残った物を回収。
  • ワイツーホームで買い取れる物だけをお願いして、残った物を自分で片づける。
  • とにかく可能な限り自分で出来る事はやって、出来なかった事をお願いする。

なども時間が無いと選択肢に入れられません。

片付ける量が大量の場合など1日で全部仕上げるより、数日に分けて頂いた方が安くなる事が多いです。
一日で仕上げなければいけない場合、どうしても人件費が余分に必要になるのと、数日に分けた方が仕分けがより細かく出来るので捨てる物も減ります。

遠方にお住いの方からの遺品整理や、今は住んでない空き家の整理など、鍵をお預かりして、期日までに仕上げるような段取りを組めたりすると効率は上がり必然と安く出来ます。

理屈は分かっても・・・「期日にゆとりがない!」

そんな時は地域密着のスピード対応が売りのワイツーホームにご相談下さい。
お力になれるはずです。

費用を抑えるポイントその❸

各種割引をご利用いただく

遺品整理の費用を抑えるその3各種割引を利用する画像

+ 詳しくはクリック

パンフレット、チラシ、新聞の記事など様々な宣伝の中で割引をお出ししております。
その他にもクーポンやご紹介割引、買取査定アップ。

 

季節ごとや期限の付いたもの有ります。

気兼ねなくお声がけ下さい。

割引をご存じでない方もご安心下さい。

お問い合わせやお見積り時に「ホームページ見ました」と言って頂ければ
総額から10%offさせて頂きます。

ご依頼の流れ

step
1
まずはお問合せ下さい。

遺品整理の流れステップ1お問い合わせ画像

  • お問い合わせ方法は、お電話またはメールかLINEとなります。
  • お電話だけでもお見積りが可能な場合も有ります。
  • お見積りなどのご希望の日時を調整させていただきます。

step
2
お見積り

遺品整理の流れステップ2見積り画像

  • お客様それぞれに合った、最適なプランと料金をご提示させて頂きます。
  • 買取品の査定、リサイクル家電や処分する物、作業費の合算でお見積り致します。
  • お見積りにご納得頂けましたら、ご希望の日時をご指定下さい。

step
3
作業当日

遺品整理の流れステップ03作業当日画像

  • お見積り時に決めた内容で作業致します。
  • 作業内容が変わらない限り追加料金はございません。
  • 作業完了後に、ご確認いただきご精算となります。

お問い合わせはこちらから

-その他, ゴミ屋敷片付け, 遺品整理

© 2011~2021 y2home